藤文

日々の悩み・発見や保存しておきたいツイートなどを書いておく

VTuberが二次元コンテンツを支配している件(それに対する抵抗の意)

最初に断っておくと俺はユーチューバーをあまり好んでいない。
大手ユーチューバーは色々な考えで動画再生させる術を考えているはずだが、それを見ることでそういう奴らの掌で踊らされている感があまり好きではないからだ。
確かに面白いと思う動画も、いくつかあった。そういうときはその動画を見るのにずっと時間を費やしていた。だがふと我に帰ったときに、こいつは広告収入を得るため、動画を再生させるためだけにこういう大げさなことをして、大げさなキャラを作って喋っているだけなんじゃないかと感じた。そこからはいまいち興味が湧かなくなって、チャンネル登録を解除してしまった。
まあ、そうはいっても自分の身体を張って、頑張っているユーチューバーも数多くいるだろう。その人達の努力を貶められるほど、自分は凄いやつなのかというとそうではないから、単なる小さな嫉妬としてとどめておくにすぎない。なんだかんだ面白い動画もあるし。全力では否定できない。

だが、VTuber、てめえらはだめだ。

こいつらは二次元の皮を被って数多くの二次元オタクどもを虜にしている。幸い、俺はそいつらの動画を再生せず、VTuberに関する情報を仕入れずにいる。
だからVTuberに関してはほぼ食わず嫌いみたいなもんなのだが、それでも俺はこいつらが二次元の皮を被って媚びまくってスパチャとかいう気持ち悪い用語の投げ銭をせしめているという状況が非常に気に食わない。吐き気がする。反吐が出る。
そして本稿が取り上げる問題はその二次元コンテンツに対しての影響力の強さである。
VTuberは近年で一気に人気になってしまった。短い期間で奴らの話で盛り上がる奴が急激に増えている。そしてそいつらの厄介なところは二次元と非常に親和性が高いことだ。

もう一つ断っておくと俺は三次元のアイドルがあまり好きではない。確かに過去にはバンドリのライビュに行ったりしたこともあったが、今はあまり興味がない。AKBだか欅坂なんだか知らないが、そいつらとセックスできるわけでもないのにヒューヒュー持て囃す奴らの気が知れない。だが奴らと俺の住む世界は違うのだ。世界に隔たりがあれば関わることもまあ、ほとんどない。勝手にやっててくれ。
そう、三次元のアイドルなら情報をほぼ遮断することができた。テレビのバラエティやワイドショーなんかではよく取り上げられるが、まあ大体無視できるし、気が触ったらチャンネルを変えればいいだけのことだ。Twitterでもそういう人のフォローはまず、ほぼしないですむ。閑話休題

だがVTuberのフォロワーは違う。二次元を知り尽くしたような奴らがVTuberをフォローしているし、何ならVTuberを作っている奴らが二次元を知り尽くしている。だから、同じアニメを見ている奴がVTuberを追いかけているような事例がめちゃくちゃある。例えばきらら系アニメを見ている奴の2人に1人くらいはそういう感じだ。あくまで体感だが。
だから同人だと思ってフォローすると痛い目に遭う。平気でVTuberへの好意を垂れ流してくる。俺はそんなものには興味がないどころか毛嫌いしているというのに。
もっと厄介なのはVTuberイラストレーターの仕事をめちゃくちゃ増やしているということだ。アニメの皮を被らなければならないそれは、(まあだいたい自作しているような奴は目立ってこないと思うが、)売れている奴らは優秀なイラストレーターに皮を描いてもらっている。これが何になるか。イラストレーターがそういう仕事を狙うようになるのだ。したがってVTuberに媚びるイラストレーターが増える。イラストレーターだけならまだしも漫画家もそういう仕事をしだしている。現実、くろばUや得能正太郎あたりがそういうものだと認識している。他にもいるだろうが・・・。
二次元コンテンツは絵描きがいてこそだ。だから二次元オタクである俺は絵描きにできる限りの尊敬やら感謝やらをしなければならない。しかしながら、VTuberなどというしょうもない二次元アイドル業界が、絵描き業界を支配しつつある・・・。

VTuberが二次元世界の流行りを作り、それに乗っかる多数派と乗っかれない少数派を生み出す流れができている。

別に流行りを無視できる人間ならばよかったのだが、いまのところ俺はそうではない。同人だと思ってフォローし、それによって形成したTLがVTuberの話題で盛り上がっている、そんな光景を見て無関心でいられるほど俺はできた人間ではない。
しかしそれを我慢し、VTuberの話題をシャットアウトしていれば俺のTLはどんどん過疎になっていくだろう。然るはミュート機能を使いこなせればいいのだが、いかんせんキリがないし、ミュートしていてもいくつかは漏れ出てくるものだ。
何にせよ多数派に属せないことによる損失は大きい。今現在でさえも、Vtuberをフォローしているか否かでフォロー基準を定めればかなりの数、フォローが減ってしまうだろう。だから今は我慢するしか無いのだが・・・。
今はこうしてこういう目立たないところで発散すればいいくらいには我慢できている。本当に我慢できなくなったらTwitterをやめるかフォロー全員外すだろう。

VTuberの何がいけないのかというと、今まで隔絶していたアイドルオタクとの世界が、二次元によって非アイドルオタクの俺の世界に侵入してくることだ。前述の通り、俺はバンドリのリアルバンドをフォローしていた時期もあった。その頃は確かにポッピンパーティが可愛いと思っていた。しかし結局彼女らもブシロードという組織の元に踊らされているだけなのだと感じて、なんだか虚しくなって熱が冷めてしまった。他にも理由は色々あるにせよ。とにかく俺はアイドルオタクとは相容れないのだと思う。
今までもアイドルマスターという超巨大二次元アイドルコンテンツがあるが、なんだかんだでそういう奴らとの棲み分けはできていた。アイドルマスターはいくら流行ろうが、所詮そのアイマスというコンテンツの枠を超えるまでにはいかない。アイマスがそうなのだから他の二次元アイドルコンテンツもそうだ。
しかしVTuberという二次元アイドルは、他のコンテンツに進出してしまう。配信を用いてコンテンツを提供する奴らは、他のコンテンツとの融合によって成り立っている。従って、人気VTuberが他コンテンツを紹介すれば、それに影響されてそのコンテンツを始める奴らが出てくる。じゃあ、今までニッチだったコンテンツがVTuberによって人気になるんだからいいじゃないかという意見もあるかもしれない。しかし、そういう奴らは結局VTuberしか見ていないのだ。VTuberが別のコンテンツを紹介すれば、その別コンテンツに移動するに違いない。結局にわかオタクを増やすだけで、VTuberに影響されてそのコンテンツを見始めた奴が、本当にそれ自体に愛着が湧くのか?というと怪しいところだ。
少しまた話がそれてしまったが、俺が好きなコンテンツにVtuberが参加してくるとなったらかなり重大な事件になるだろう。俺だってそこまでヘビーなオタクではないが、いきなりVTuberを通してよそ者が輪に入ってきたらとても嫌な感じがするだろう。部活に入ってきた後輩と全然気が全然合わないみたいな感じになるだろう。現実世界なら多少我慢する。しかし、ネット世界で何で我慢しないといけない?現実世界で我慢してきた鬱憤を晴らしたり、ストレスを解消できるのがネット世界ではないのか。

今まで愚痴ってきたが、半ばあきらめている自分がいる。だって、きらら漫画家までVTuberを認めているのならどうしようもない。そのほうが儲かるし得をするからそうしているに過ぎないのだろうが、自分はこれからきらら漫画を我慢して読まなければならないことになるやもしれない。
タイトルで「VTuberが二次元コンテンツを支配している」と書いたが、だが、それでも、まだ完全に支配されているとは言い難い。フォローしている人でも全くVTuberに興味ない、それに関する話はしないという人もいなくはないからだ。
だが、儲かっている奴らは底を知らずどんどん勢力を強めるから、いずれは「Vtuberアンチなんて異端も異端、二次元コンテンツはVTuberによって成り立っている」みたいな時代が来るかもしれない。その時が来たら、俺はゲームも漫画もアニメも一切合切投げ捨てたい。そうならないように、今のところは「VTuberに触れない」抵抗をし続けようと思う。

追記

VTuberをフォローしている人間に、同人イベントとか同人サークル慣れしている奴が多いのは認めざるを得ないだろう。俺の知っている中ではくろばUが多分代表的な人だ。
結局他のオタクと馴染めない、馴れ合いできないコミュ障がVTuberアンチに回るだけのことなのかもしれない。
だとしても、最近のVTuberブームが許容できないことは間違いない。

さらなる追記↓
wisteriawood-22.hatenadiary.jp